おとめ座4月の恋愛運

星空 2022
スポンサーリンク

おとめ座4月の恋愛運は自分と相手をじっくり見極めて、信じあいながら待つ…そんな月になるでしょう。新年度のあわただしさの中で二人の関係は一時的に停滞するようですが、相手との関係を見つめ合ったり、耐え忍ぶ時間になりそうです。

スポンサーリンク

恋愛どころじゃなくなる4月

おとめ座の4月は恋愛どころじゃなくなる忙しさ…もしくは別のものに目を向けていくかもしれません。仕事や勉強、友人関係などもっと色んな場所であなたの活躍の場が広がっていくようです。あなたの時間は恋愛だけに集中して使えなくなり、前と同じ熱意が保てなくなるでしょう。

好きな人がどんどん遠くへ行ってしまう不安もあるようです。異動や進学で離ればなれになったりする状況なのかもしれません。二人のこれからを真剣に考えるタイミングとなるでしょう。

マンネリを感じている人は、周囲の環境が変わっていくのに全く変わらない相手にヤキモキしたり、物足りなさを感じてしまっているようです。会っても話しても何だか魅力を感じない…それは相手への気持ちが薄れてしまったというより、あなたの環境や感覚が変わっていっているせいのようです。

内面の魅力に磨きがかかり、信じあえる

4月のおとめ座は内面がしっかりしてきます。知性のある余裕さというか、甘えあってじゃれ合うような関係というよりは、あなたがそっと見守っていくような存在になるでしょう。相手はあなたを尊敬するようになり、あなたを大切にする気持ちがより強くなっていくでしょう。

ぴったりとくっついて愛を確かめ合うような熱い月にはなりませんが、お互いのやるべきことを理解し合いながら相手の良さを再確認するような月になります。

注意しなければならないのは、将来について焦らないことくらいでしょうか。あなたは相手を見守っていくような余裕がありますが、相手はまだそこまでの準備ができていないかもしれません。結論を出そうとすると、相手の気持ちは波のように引いていって冷静になろとするでしょう。

ただ、待つ、見守っていくような4月

4月の恋愛は「相手を待つ、見守る」そんな月になるでしょう。お互いに忙しく、やらなければならないことに押し流されそうになっています。環境に慣れるのに一生懸命になっているので、むやみやたらに相手に甘えようとすると上手くいかないかもしれません。

時間がなくて会えないとしても、ただ待つ、信じあう、そんな耐え忍ぶ月になるでしょう。その間にあなたの心は相手の良さ、これからどうしたいのか、自分の望み、そういったものに集中されます。相手への思い、情熱の再燃を感じられるはずです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました